遺品整理で失敗しないために

遺品整理ということは家族が死を迎えたときにやってくることです。
自分で整理できれば一番良いのですが、時間的な問題や距離的に無理であることも多く、業者を使って整理してもらうことを選ぶ人が増えています。

故人の自宅全体を遺品整理業者へ依頼することもあれば、一室のみを依頼することもあります。
死後数日経過している場合だと異臭が発生していることや、賃貸物件だと事故物件扱いになるため部屋の明け渡しに関して大家さんとのやり取りなどが求められます。

遺品整理業者の見極め

意外と遺品整理業者っていい加減なところもあります。
全部とは言いませんが、便利屋が遺品整理をやってる会社も少なからずあり、なんとなくニーズがありそう的なスタンスで遺品整理やってるところもあるようなんです。

専門の業者OR便利屋へ依頼

遺品整理業社といっても専門の知識をもった業者もあれば、片手間的なスタンスの便利屋が遺品整理業をやってることもあります。値段は専門性の高いところのほうが高くなりますが、単なる片づけであれば専門業者ではなく、便利屋へ依頼することで費用を節約することもできます。

便利屋であればどこの街にもたくさんあるため業者を探すのは容易です。
まずは部屋の状態を見てもらい、正確な見積もり金額を出してもらうことからはじめましょう。
注意点は、電話見積もりだけで依頼するのはパスすることです。

電話での概算見積もりでは、実際の作業日になって追加請求されることがあるからです。
実際の現場を確認して見積もり金額を出す業社を選ぶべきです。

状況を判断して遺品整理業者を選ぼう

どういった状況の部屋を掃除するのか判断します。

何らかの異臭が発生しているなら、専門的な知識と経験のある業者を呼ばないと解消できません。賃貸物件であるなら現状の異臭が改善しなければ大家さんが納得しませんし、別途お金を請求されるケースもあります。

とにかく現状回復を優先すべく業者を選定することです。

遺品整理業社選びのまとめ

まずは単なる整理なのか、異臭など発生している物件なのかを明らかにしましょう。
整理であっても価値のあるモノとそうでないものを仕分けする必要があるなら、それなりの知識と経験があり、信用できる業者を選ばないといけません。たとえば中古品で価値あるモノを遺品整理料金から差し引いてくれる業者が一般的ですが、中古品の価値を安く査定する業者も多くなっています。

価値あるモノがある物件であれば、できることならある程度自分の目で価値あるものを仕分けするのがベストです。その上で専門の買取業者へ依頼して現金化しましょう!